■かたもみ堂 京都市山科区大塚の整体・リラクゼーション店。芯まで届く健昇ほぐし術でしっかり施術。 京都健昇整体別院/整体研究所 かたもみ堂 ■旅よしねっと 旅の準備・旅の途中できっと役立つ便利サイト。旅館検索・予約、旅先でのレンタカー、タクシー利用等。旅だ!よし、ネットだ!

2014年11月26日

関節可動の重要性

こんばんわ。かたもみ堂の細田です。
なんちゃって。。(笑)
今年も残り少なくなりましたね。とりあえずのラストスパートとして勢いよくいきたいところです。

さて、今回はタイトル通り、関節可動の重要性に関して思うことを書いてみたいと思います。
最近、O脚のメカニズムを研究していますが、O脚を理解するためには想定外の複雑さがあり、とうてい一言では説明できない莫大なものです(細田にとっては・・)。
けど、その複雑さに耐えて、さらに追及していくと、発見がでてきます。
まだ完全にまとめあげれていないので、発表はできませんが、その中でも特に股関節と骨盤の連動性というものに着目しています。
骨盤とは寛骨と仙骨の総称ですので、もっと掘り下げると仙腸関節と股関節の連動性という方が正しいです。
基本的に歩行時において、脚を前に出すとき、股関節は屈曲+外旋、腸骨は後傾状態になります。脚が後ろになる際は、これの逆です。
人間の基本姿勢として大きく分けると「立位、座位、臥位」の三つですね。そして立位に動きを付けて移動する手段として歩行があります。
歩行が全てではありませんが、通常の生活の中で歩行は欠かすことのできない動作です。
ですので、歩行時に、いかに良い具合に関節連動しているかが問題になってきます。
良い具合で歩行されている方は、臥位になって検査した場合、きっと骨盤、股関節が良いくらいの角度と可動性を維持しているでしょう。
良いくらいと言うのは、骨盤が左右揃い、前傾・後傾中間位、股関節30〜45°外旋、そして仙腸関節・股関節のクッション性が陰性と言った状態です。(全ての人がこの状態が正しいというわけではないのでご了承ください。)
もし、この状態にない場合は、やはり関節の硬さや、筋力低下や異常があると考えられます。
筋力バランスの異常があれば骨格のバランスは崩れるでしょうし、関節の癒着があって可動性が低い場合は筋肉の正常作用が減少し、さらには筋委縮からの筋力低下に繋がりますね。

なので、関節の可動性を確認し、改善させること、そして周囲の筋肉を確認し、バランスを考慮して施術や指導が必要となる。と考えています。

最後らへん、急にハショってしまいましたが、だいたいこんな感じです。
では、お客様の悩み解消を目指して、これからもさらに頑張っていきます。
ご閲覧ありがとうございま。
posted by かたもみ堂 http://katamomi-shoji.com at 23:50| Comment(0) | 日記

2014年11月08日

一人飲み、デビュー☆☆☆

ついにデビューしました!
先日、王将某店に一人で入り、生ビールを注文しました!
本当は居酒屋で一人ビールが目標と言うか希望言うか…、なのですが、まだ一人で居酒屋に入るのは度胸が足りません。

いやぁ、なかなか良いものですなぁ。
新たな楽しみを見つけました。

ってなだけの話ですが、自分的に記念すべき事でした(^-^)v
posted by かたもみ堂 http://katamomi-shoji.com at 19:38| Comment(0) | 日記
■かたもみ堂 京都市山科区大塚の整体・リラクゼーション店 芯まで届く究極のほぐし「健昇ほぐし」 ■旅よしねっと 旅の準備・旅の途中できっと役立つ便利サイト。旅館検索・予約、旅先でのレンタカー、タクシー利用等。旅だ!よし、ネットだ!