■かたもみ堂 京都市山科区大塚の整体・リラクゼーション店。芯まで届く健昇ほぐし術でしっかり施術。 京都健昇整体別院/整体研究所 かたもみ堂 ■旅よしねっと 旅の準備・旅の途中できっと役立つ便利サイト。旅館検索・予約、旅先でのレンタカー、タクシー利用等。旅だ!よし、ネットだ!

2015年05月19日

筋力が及ぼす姿勢への影響

体の不調、原因は何??
さて何でしょう。そう簡単に説明できるほど簡単な仕組みにはなっていないですよね。
ただしかし、内科的原因や心理的原因ではなく、たんに日頃の生活によって起こる姿勢バランスが原因で起こる症状(肩コリや腰痛、膝痛などなど)は測定により、ある程度は原因を把握でき、施術や本人自身の取り組みによって改善できうるものだと考えています。

私は最初、カイロプラクティックを知り、その理屈を知ったとき驚愕しました。
そしてリラクゼーションを知り、手当ての深さを感じました。
そして、中医学に精通する方や、その他様々な方法で人々の症状を改善させようとするスタイルの方々に出会い、目の当たりにしてきました。
ほんとに、方法は様々で全てを知り、理解することに自信があるかと聞かれると、そうではありません。
それらのことも、どんどん吸収し、自分のスタイルを確立していくことはもちろんのこと、最近、と言っても昨年の夏頃から、可動域や筋力、骨位置の状態などを記録し、処置を施すべき部位の特定することに研究時間を費やしてきました。
まだまだ途中ですが、現段階で少し自信度が増してきたことがあります。
それは重心点の位置の差異によっての重力筋と抗重力筋を元に、負担のかかりやすい部位を考え施術や運動を行うことによって姿勢が改善に向かう(重心点が正中に向かい、重力筋と抗重力筋の偏りが少なくなる状態)ということです。
もちろん、それだけで全てオッケーではなく、各関節の可動性や運動連鎖、日頃の動作などを合わせて考えていく必要があると思います。
それはまた改めて書こうと思います。

今回、筋力が及ぼす姿勢への影響と言うことで、実際の写真を載せてみます。

大丸2️起床後間もなくの立位にて撮影したもの(上の写真)
大丸2️腕の伸筋・屈筋、体幹前・後、ハム・直筋をそれぞれを合わせて10分程度のウェイトトレーニング直後に撮影し たもの(下の写真)
image.jpg
image.jpg

あきらかな差は分かりにくいですが、腰回りの高さが揃い、膝の間隔が少し閉じました。
あと、ここにはありませんが、側面写真では肩の開きが確認できました。頭のバランスが悪くなりましたが‥。
何より、全体の評価がトレーニング前68点からトレーニング後92点に。
ちなみに、写真は載せてませんが、起床後にストレッチだけ行った状態で撮影した結果は52点に下がり、バランスの乱れが確認できました。
ストレッチのやり方にも問題があるとは思いますが、とにかくそういう結果です。
朝と晩にストレッチをした方が良いと言う持論を見直さなければならなくなりました。
仮説として、朝は軽くトレーニングしてストレッチ。
晩はストレッチのみ。
こんな感じですかね。
とは言え、ただやみくもにやれば良いわけではないので、しっかり方針を立てる必要がありますね。

今回は姿勢に着目した内容を書きましたが、その他の課題も含めて引き続き研究を進めていきます。
長文になりましたが、ご閲覧ありがとうございます。
posted by かたもみ堂 http://katamomi-shoji.com at 17:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

■かたもみ堂 京都市山科区大塚の整体・リラクゼーション店 芯まで届く究極のほぐし「健昇ほぐし」 ■旅よしねっと 旅の準備・旅の途中できっと役立つ便利サイト。旅館検索・予約、旅先でのレンタカー、タクシー利用等。旅だ!よし、ネットだ!