■かたもみ堂 京都市山科区大塚の整体・リラクゼーション店。芯まで届く健昇ほぐし術でしっかり施術。 京都健昇整体別院/整体研究所 かたもみ堂 ■旅よしねっと 旅の準備・旅の途中できっと役立つ便利サイト。旅館検索・予約、旅先でのレンタカー、タクシー利用等。旅だ!よし、ネットだ!

2012年11月22日

今..振り返る

親父が亡くなって、はや一ヶ月ちょっと。
長年営んでいた居酒屋の撤収作業が落ち着き始め、そんな店を眺めていると、いよいよ実感が湧いてきたのか急に寂しさが降り注いできた。
ここ数日、なぜか親父のことをよく思い出す。
亡くなった当時は、もちろん悲しかったけど、それ以外には特に何もなかった。
けど、今は・・
やっぱり親父に対して後悔があるのかな・・
もっとしてあげられることも、その時間もあったのに、してあげなかったことがある。
やっぱり後悔なのかな・・。

と、考え込んでいる内に、もしかして親父に対する後悔と言うより、自分自身の、ここ数年の行動に対しての後悔?と言うのか、何と言うのか・・。
とにかく、そういう何かではないかと思えてきた。
五年ほど前に、整体屋の道を目指し始め、今では整体とはまた違うけど、もっとしっかりと勉強するために柔道整復師の資格を目指して専門学校に行き始め、現在は学生。
自分なりにしっかりと目標を見つけ進んでいるのだが、その反面、そのことに甘え、目標のないころの自分を忘れて少し舵が狂っているのではなかろうか。

仕事をしながら学校の勉強をしているだけでバタバタして、少しの空き時間があれば自分の娯楽のために使いたいと思っている自分は確かにずっと居た。
そして自分はそのことに満足していた。
誰かに用事を頼まれても返事はノー。休みの日でも返事はノー。
特に病気の親父からマッサージの依頼をされても、三回に一回くらいの頻度でやっとイエス。

優しい心と、感謝の気持ちを絶やしてはならない。
そう認識するのではなく、自然にそう感じられる人間になりたいと思った。

なのに、その気持ちが一切見当たらない。
振り返ると、少し先には見当たらず、けっこう昔の話。
きっと、そのことに対しての後悔、反省が大きいように感じる。

やっと再スタートのラインを見つけた気がする。

今、新たに前を向いて、目標に向けて、さらに前進したい。
そして、感謝の気持ちを忘れず、自分中心になっていたことを反省する。

そして、今、ここに示した内容を親父に伝えたい。
ありがとうって言いたい。

posted by かたもみ堂 http://katamomi-shoji.com at 01:07| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
親父さん一回テレビ出てへんかった?
Posted by 中村大祐 at 2012年11月22日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

■かたもみ堂 京都市山科区大塚の整体・リラクゼーション店 芯まで届く究極のほぐし「健昇ほぐし」 ■旅よしねっと 旅の準備・旅の途中できっと役立つ便利サイト。旅館検索・予約、旅先でのレンタカー、タクシー利用等。旅だ!よし、ネットだ!